踊ること=喜びに満ちて生きること

瞬間瞬間を生ききる 感情を手放す
喜びの拡大
元々ひとつであることを垣間見る

=踊る こと

人は 本来誰でも

踊ることが大好きだと思う。

 

  • 内側にあるエネルギーを形に現し
    動く(踊る)こと
    *
    瞬間瞬間イマココを生きるということ。身体に溜めこんだ感情や緊張を手放していくこと。喜びに満ちること。

 

  • そして 周囲との関係で言えば

その場のエネルギーとの対話 同調。

リズムと同調し

他の踊り手と同調し

その場の風、景色、温度と同調する。

身体でのコミュケーション

 

同調することで わたしたちはひとつであったことを垣間見ることができる。
不要なものを手放し 本来の喜びのわたしに還ることができる。

踊りが好きではないとしたら

それは 学校で評価され続けてきたから

こうでないとイケナイと形を決められてきたから

ダンサーのように アイドルのようには踊れないから
(そうじゃないと 良いと認められないから)

そんな理由で

嫌いに 苦手に 拒否反応になっている。

 

喜びを広げ 自由にあなたらしく生きるための踊り。

踊りに抵抗がある人ほど体験してほしい。

美喜子と一緒だと 楽しんで踊れる。
踊っているのを見て わたしも踊るようになった。
という 人がいます。
参加の方が自由に踊れるようになるための場を 創造していきますね。

今回 アースセレブレーション2017 のフリンジに参加して気付いたことは

  • 踊りたくなる環境は大切(フリンジのお客様は踊るためではないし炎天下すぎた)
  • 人前で踊るのに抵抗がある人のために ・少人数であったり ・薄暗かったり(人から見えづらい)などの工夫が必要であること。
  • コミュケーションの前にまずリリース=解放が必要
  • 「踊りたい」という思いのある人対象にやるほうがよい
    踊りたいとも思っていない人に踊ってもらうのは かなり高度なパフォーマンス技術や存在感が必要
  • 観せるためのダンスではないからと、ほとんど客席で踊っていたが、わたしの精一杯のダンスをしっかり観ていていただき(わたしもあんなふうに踊りたい とか  あの程度ならわたしにも踊れる とか 笑)そんな思いを持ってもらうことも必要なのでは?

 

そんなことを踏まえて 新たな地平が見えてきた。

どんな展開になっていくは お楽しみに。

いつも 心地よくユルク、大人な サドラムのメンバー
 温かく 仲間にしてくれて ほんとうにありがとう。
 幸せな体験ができました。
 サドラムのこれまでの積み重ねに感謝しています。
 これからも よろしくお願いします。

また 会場を盛り上げてくださった
 ソロケイタ&クレア、本間さん&あけみさん
 よくわからない わたしを受け入れてくださったこと
 そして 何よりも
 プロフェッショナルな リズムとダンスをありがとうございました。

一緒に踊ってくださった 炎天下の客席のみなさま ほんとにありがとう。

 

〜ひとりひとりの喜びの拡大 元々ひとつであることを垣間見る〜

そのためのファシリテート。

ノーテンキに踊ることで幸せになる

そのことを 自分だけではなく 周囲と共有していきます。
来年には そんな場を提供していきます。

LOVE 美喜子

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です