【前世体験】リーダーの自分を赦し わたしらしく楽に生きる

ひどい抑圧者だと思っていたけれど・・・

最近のわたしの前世体験のお話

わたしは、フラットな人間関係を ちょっとおかしいんじゃないか?というレベルで 求めているのですね。よほど 酷い抑圧者だった時の反省だろうって 思っていました。が、そうじゃなくて 一般的な評価では とても良い指導者だった前世があったというのを見ました。(感じました)

強い感情が伴い、そのあとの解放・ヒーリングなどが大切なので、それが起これば、正確かどうかは、大切じゃないと思っています。

最近 主催していた朝活を休む方が「美喜子さんごめんなさい」と言うと毎回 泣きたくなるのです。それは自分の意思で参加してくださっているので、わたしに気を使い、謝る必要はないからです。ただ「休みます」だけ伝えてくださればいいということなのですが、毎回 泣きたくなる自分が少し 大げさだと感じていました。

これは今生の問題ではなく「きっと前世でものすごい抑圧的なリーダーだったに違いない。だから、いまはとてもフラットな関係性を大切にしたいのだろう」と思っていました。

19世紀アイルランドのわたし

前世では、人から良い評判をもらっていたけれど、抑圧せざるを得ない人たちがいて 敵だからとか 目的のためだからという当時の常識や周囲からの期待に負けて、わかりながらも抑圧していました。

人からよく思われている ということが その痛みをさらに強めていました。
それがあって 自分を赦していなかったと 気付がつきました。
「もう学んだんだから いいんだ 自分をゆるそう」と思ったら泣けてきました。

閉じていたエネルギーが 湧き上がる感じがありました。

小さな頃から、気付いたらリーダー的役割を与えられてきたのにも関わらず、わたしは自分からは 出ていくことが極端にできない子でした。子どもの頃は、いつも周りが引き上げてくれていました。

リーダーがエライわけではなく、ただ役割なのですが、目立つことはしたくありませんでした。最近は、ほとんど そういうことは無くなってはきていましたが、それもここから来ていたのかもしれないと思いました。

必要な時に自分の資質を提供するのは大切です。与えられたものは、周りの人とともにどんどん使っていったほうが良いのです。これからは今まで以上に 自分の力を信じて進んでいこうと 思ったところです。

同時に、肉体を超えて意識は続いていることを実感し、もっと長い目でなんでも見ることができるような気がしましたし、人生の流れに安心感が増しました。

以上がわたしの最近の前世体験です。

こんなふうに泣くなどの強い感情を伴って、自分自身で気付き、解放できるのが 前世療法です。未来世療法でも基本的に前世体験もしていただきますし、潜在意識に働きかけることは同じです。

LOVE 美喜子

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です