●「愛は冷める」という常識

3年目の浮気

3年目の浮気。

そんな歌がありましたよね。

諸行無常

全てのものは変化していくものだし

永遠の愛なんてない。

夫婦の愛は冷めていくもの。

最初はらぶらぶでも

価値観の違いなんかで相手を受け入れ難くなっていく。

うちの親だってそうだし

ロミオとジュリエットみたいに

どちらかが死んだりしたらあり得るのかもしれないけれど。

・・・・・・・・

そんなふうに

心の奥で思っている人は多いですよね。

そして実際

3年目の浮気とか

4年目に離婚が多いとか

世の中の常識になっているようです。

 

その常識に埋もれて

人を愛することで良いことなんてないと思っていたり

長く愛し続けるなんて不可能だと思ったり

深い愛に突入していくことを怖れたり

夫婦の間の問題を感じながらも見ないふりをしていたり

あきらめていたり

というのが ほとんどの人の愛への態度ではないでしょうか?

 

わたしの中にも

世の中の常識が影響していました。

 

けれど

そういう人たちにとっての愛に対する希望

意識改革

パートナーとの在り方の変化につながればと思っています。

 

とっても精神性が高いのに

夫婦関係は冷え切っている人もいます。

周りには優しいのに

奥さんにだけは めっちゃ厳しいとかね。

旦那さんの話の時だけ 人が変わるとか 笑

そこにその方の 無意識が集約されています。

 

パートナーとの関係や

ひとを愛することを

あきらめないで欲しいなと思います。

パートナーシップは深い幸せへの扉です。

仕事やほかの人間関係にも 与える影響は大きいです。

 

人の愛の在り方の進化に繋がる道です。

 

参加型宇宙論? 〜ヒューマン・ユニバース〜

宇宙は人の意識が創造しているとも言えます。

これはわたしが意識の探求の中で得た意識体験・感覚から感じていることをお伝えしているものです。

(愛の話じゃないの!? と思うかもしれませんが、宇宙バナシがないと愛の話にならないのです。。。)

ですが・・・
量子力学でも観察者効果ということを言われているし、【参加型宇宙論】という言葉もあるようで、わたしだけの意識体験ではないと思います。

まだ わたしも読んでいないのですが…ディーパック・チョプラ氏と物理学者のメナス・カファトス氏の共著【宇宙はすべてあなたに味方する】に【参加型宇宙論】について書かれているようです。(この邦題より原題の【You Are the Universe】のほうが、わたしはぴったり来ますが・・・)

宇宙の端っこ 終わりは ありませんよね。

少なくとも今はっきりとそれが見えている人は居ないと思います。

→ 宇宙の終焉Wikipedia

わたし自身もどこかで行き止まりになる宇宙は想像できないです。(どこかで行き止まりになるのは、人口的なもの。人がロボットになってしまうような感覚)

宇宙は無限大ということ。

ということは

宇宙を創造している人の意識も無限大に広げられるということでもあります。

というか 人の意識が無限大だから 宇宙も無限大だと思うんです。

 

影・無意識に光をあてていく

だから 愛する人への愛も無限大に広がり深まることができるということです。

(この辺の説明は もっと時間をかける必要がありますね)

ただし それは愛する相手とのコミュニケーションを積み重ねて 育んでいく課程で自分自身を見つめ 影になっている部分(無意識)に光をあて続けるということを通してです。

それが自分の宇宙を拡大していくことでもあります。

→ 真に愛し愛されるには超本音で生きるってこと
の中にも書きましたが

  • 言葉の端々にとらわれず
  • わたしたちは何のために話し合っているのか 
  • 言葉の背景にある思いから意識をそらさず
  • 違和感を逃さず昇華しながら
  • 正直で丁寧なコミュニケーションを続けていくと

必ず その前よりも深く分かり合え

思いもしなかった新たな地平に出ることができます。

 

そのプロセスの辿り着くところは

相手の違う側面

深さ広さを感じることでもあり

相手への愛が深まり 広がります。

同時に自分の無意識の部分に光をあてていく作業です。

 

それまで愛していると感じていた以上に

相手を愛していることを感じさせてくれるのです。

 

自分自身の意識が拡がったということであり

内面宇宙が拡がり

愛も拡がるのです。

 

 傷ついたって伝えるのを怖れないで 逃げないで

では その無意識にどうやって気付けばいいかと言えば

愛する相手とのやりとりの中での

違和感や傷ついたことからです。

 

そこが無意識に光を当て

無限の宇宙に啓(ひら)かれるチャンスなんですね。

 

でも

わたし 傷ついたんだけれど?

と 相手に伝えることを怖れる人は多いです。

 

相手を怒らせてしまうのでは?

傷つけてしまうのでは?

もしかしたら自分から離れてしまうのでは?

などと 自分の真実を共有することを怖れます。

 

傷つくならばそれは愛ではない

という本もあるように

真実の愛ならば傷つかないだろうと

自分を責めるスピリチュアルな人もいるかもしれません。
(責める必要はなく ただそこを観ていけばいいだけ)

 

けれど

周囲とのやりとりの中で

全体性に目覚めてけばいいのであって

最初から完璧な人はいません。

 

ただし大切なのは

パートナーとの関係の中で

わたしは真実の愛に向かう

相手が自分の中の影に気付かせてくれている

ということを忘れないこと。

 

相手のせいにする

相手を変えようとすれば

自分の力を相手に預け

自分軸で生きないという選択。

そうだとしたら関係は難しいものになっていくでしょう。

 

「傷」は深遠なる宇宙の扉

相手との間に産まれた傷や違和感は

深遠なる宇宙への扉です。

この表現 大げさに聞こえる人もいるかもしれませんが
宇宙は自分自身を体験したくて
人を創造したので・・・
目的地は宇宙なんですよ。

(このサイトでは上記の立場を取っています。また、わかりやすくするために 目的地 という言い方をしていますが 実際の空間ではありません)

宇宙を体験するって めっちゃ幸せな喜びの体験なんですっ。
愛に還る ということがテーマのこのMIKOTOサイト 美喜子の投稿では いつも目的地は宇宙(真実の愛であり、ほんとうの自分であり、神であり、サムシンググレートであり・・・etc)です。そりゃおかしい!違う!!!と感じる人は このサイトは読まないほうがいいかも^^です 。

 

その扉をボカスカ蹴って終わりにするか

見ないことにするか

開けて奥に進もうとするか

それによって 未来が全然違ってきます。

 

それを扉とみなして啓いていくというのは

その傷を放置しておかず

しっかり相手に伝えることです。

そうすることで

無限大の宇宙に閉ざしている

自分の影に気付きます。

 

その影とは

相手に対しても

自分に対しても

何かしらのネガティブな言動となって現れていたものの根っこ。

無意識の領域の

古い記憶が形作った心の癖 トラウマ。

 

特に 身近な相手には

そこからの表現がついつい出て 伝わっていきます。

それは 毒が盛られていますよね。

 

やりとりの途中では

お互いに

もぉ〜〜〜無理!

めっちゃ傷つく

すんげー腹立つ

など 出て来ることになります。

 

でもね。

なぜそれが出てきたの?

その奥に何があるの?

を 観ていくことで

ただ愛されたいと願う思いだったり

自分を守ろうとしてだけだったり

思いがけない自分の中の思い込みに気付きます。

気付いたということは

手放すことができるのです。

どんな感情も自分のなかにあったもの

それは相手が引き出してくれたのであり

もともと 自分の中にあったもの

溜めておくと

そこから 毒ガス噴射しますから

出してしまったほうがいいのです。
(出し方は 重要です)

 

相手のせいではなく・・・

あったものに

気付かせてくれたのです。

その意識で取り組んでいくことで

必ず 新しい地平に辿り着けます。

 

新しい これまで見たことがない地平では

愛する相手への理解や

未知の側面をいくらでも体験し続けることになって

無限大に愛し続けられるのです。

 

愛は 気付いてから

たいせつに育んでいくものです。

 

制限は小さな自己が創るもの

制限は小さな自己が設けるもの。

永遠の愛がないと思ってしまうのは

自分自身の内側宇宙への探求を途中で止めてしまうから。

 

だから

これ以上の愛があるだろうか

と感じていたとしても

意識が拡がることで

新しい日を迎えると

それ以上の愛を体験できるのです。

 

無意識部分が無くなるまで

意識・愛は拡大し続けるでしょう。

 

これまでそういう常識で愛する人は ほとんどいなかったけれど

これは愛に対する認識の進化で

可能になっていきます。

 

人の意識の進化と言えます。

宇宙は無限大。

内なる宇宙も無限大。

 

だから

相手とのやりとりの中で産まれた

怒りや

悲しみは

無限大の愛に啓かれるチャンスなんです。

 

その扉を通って

冷めない愛

何度も何度も

新しい景色を見られるような愛を

育んでいってください。

 

怖がらないで

深い愛に突入していってくださいね。

必ず たくさんのギフトに出逢えますから。

 

愛をあきらめないで

怖がらないでね。

LOVE 美喜子

 


今後の予定

5/15現在都内でのセッションメニュー
→ リーディング・パーソナルコーチング

無料のメルマガにご登録ください♡

 

 

Follow me!

●「愛は冷める」という常識” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です