光のスライドに乗って 〜日大アメフト部のことから〜

「光のスライドに乗って」

とは 32年前に読んだ本のタイトルです。

 

今思うと アセンションについて書かれた本でした。

タイトルにあるように

日大アメフト部のことから

この本の中の大切なメッセージを思い出したのです。

タイトル間違えてませんので 笑

最後まで  お読みくださいね。

2030年ころの地球?

記憶がだいぶ曖昧ですが

その本「光のスライドに乗って」の内容は・・・

ある日宇宙人に連れ去らされ

宇宙船に乗せられて

50〜60年先の地球の未来を見せられた筆者が
(確かアメリカ人。そして2030〜2040年くらいのこと?)

その様子に衝撃を受け

そのことから得られたこと 伝えたいことを著した本でした。

その衝撃というのは

地球で起こる大変な事態についてです。

しかし 一部の人は光のスライドに乗って

どこか(別次元?)に行くことになる

というような内容だったと思います。

ノンフィクションとして書かれていました。

今でこそ

スピ系の本やネットで

似たようなことは言われていますが

当時のわたしは

そんな話 聞いたことがありませんでした。

 

旅のお供に なぜその本を買ったのか謎です。

夜行電車の中で一気に読んだことを覚えています。

 

当時のわたしには

あまりにセンセーショナルな内容だったので

喜びそうな当時の仕事仲間にも伝えたくなりました。

フィクションだと思って読んでもおもしろいよ と

貸して 返って来なかったので定かではありませんが

Amazonで調べたら【On a Side of Light】という本が出てきましたが

多分それです。(当時は翻訳された本があったのです)

 

進化した星・文明は・・・

その中で わたしが印象的だったのは

その宇宙船の人たちの文明を「10」だとしたら

地球は「2」だ というもの。

 

地球は最先端!

くらいに思っていたので

これには驚きました。

 

せめて 6とか7くらいじゃなくて!??

 

そして

進化していったら

考えていることなどはすぐに伝わり

誠実さや愛が中心の世界になり

嘘偽りは通用しなくなる

と 書かれてあったこと。

そんな考えは初めて聴いたはずですが

「やはり」 という感覚とともに

とてもほっとしたことを

30年以上経った今も覚えています。

 

小さな宇宙人アミにも似たようなことが 書かれてあります。
「ひとつの文明が進歩するということは、それだけ愛に近づくということ」

日大アメフト部のことから・・・

なんで こんなことを急に思い出しているかというと

ニュースになっている日大アメフト部の記者会見を観て   です。

世事にうとい わたしにも さすがにこのニュース耳に入ってきます。

 

反則をした選手と

監督&コーチの会見の

醸し出す空気のあまりの違いに

ますます話題になっているようですね。

 

監督&コーチの取った態度を責める人は多いです。

確かに何かを隠し真実ではない苦しい気配満々・・・

観ているのも苦しい。

 

それでも

外野のわたしたちが することは

自分自身を省みることだと思います。

 

遠くで責めるのも自由だけれどね。。。

 

言いたくないけれど わたしも。。。

わたしも ありますよ。

そういう(嘘つきな)こと。

言いたくもないけれど。。。

 

新築の友人の家から帰る時

車でバックしていたら 柱にぶつけてしまい。。。

ひゃ〜〜〜〜〜 新築なのにっ!!!

まずいっっ! と思って

何も伝えず 家に帰ってしまいました 泣。。。

そして。。。翌日になり・・・考え直して

電話して

実は・・・と伝えました。

その時

「そんなのすぐ言って欲しかった」

と言われ・・・

その通り過ぎて

とても痛かったことを今も覚えています。

 

これで わたしを責める人も居るだろう。。。

現にその友人の信頼は損ねたし・・・

もっと小さなことから大きなことまで

まだまだ あります。

 

そういう過去や感覚が全くない人は素晴らしい。

 

けれど

わたしは だれでもそうなり得る と思っています。

追い込まれた時

大切だと思っているものが奪われそうな時

ぜったい罪を犯さないという人は ほんの少しだと思います。

 

 

選手がした反則

監督&コーチの言い分を

応援しているわけではありません。

 

ただ

関係者以外は

騒ぐ必要はなく

いつだって

観るのは

そこから省みた 自分自身のことだと思っています。
(自分を責める必要もなく、ただ気づいて淡々と変えていけばいい。)

 

そんな甘いこと言って

そんなの放置していたらどうなると思ってるんだ!

ということだろうと思いますが・・・

 

イエス・キリストの

あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。

という言葉を思い出すのです。

 

そんでなんで 光のスライドよ?

で・・・?

タイトルとどういう関係が?

 

 

たとえば

財務省事務次官の時も

音声データがあった。

今回も 試合直後の監督のインタビューが録音されていた。

世の中には 防犯カメラがたくさんあったり・・・

などなど

嘘ついてたって

例の本の中にあるように

どんどん 真実から逃れられなくなっている

透明な

世の中になってきています。

 

今は機器を通してですが

人の意識・地球が進化していったら

誠実さや愛が中心の世界になっていく。

 

ダメなとこも

失敗も

弱さからしてしまってことも

情けないところも

ただ

わたしは そうなんです

って認め謝罪し

ただ痛みを受けて

人の間に立っていられたら

ほんとうの意味で強くなっていく。

 

それに

その態度を人は受け入れてくれるでしょう。

だって誰だって  そんなことあるんですから。

いつからだって挽回可能。

わたしは  そう思う。

 

今回の 選手の記者会見は  そうでしたよね。

地球が 2から 3や4になって欲しい。

いま急激に進化しているからね。

 

一気に8くらいになるのかもしれませんよ。

 

だから

外側だけを繕っているものは

カンタンに 剥がれてしまうようになる。

愛や誠実さが中心の世界になっていくんですよ。

 

長いハナシ 読んでくださって ありがとう。

愛をこめて   美喜子

 

 


今後の予定

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です