●履歴書@佐渡島編

あなたが誰かも わからない

HIPS!@佐渡島のお知らせツアーで
5/25~28 あちこち周りました。
 
 
多くの再会や出逢いのきっかけになりました。
 
急なお声かけにも関わらず、話を聞いてくださった皆さまが
応援の言葉をかけてくれ ほんとうにありがたく受け取っています。
 
 
 
ですが、その時に初めて会った方に最初

「あなたが 誰でどういう人かもわからないし」

と言われました。
 
確かにそうですね。
チラシにはそういうことを書いていない。
 
 
お話している間に、信頼・応援してくださるようになりましたが、あやしい人が「愛を伝えよう!」って言ってきても 新しい宗教の勧誘か? と思われても当然ですね。

 
(ちなみに わたしは宗教を否定していません、また、どこにも属していません。
 宗教を嫌だと感じるのは それ以外の在り方を排斥するからだと思っています。
 そういうグループは 宗教に限らずあります。
 また 宗教に助けられている人たちもたくさんいます)
 

そういうわけで
わたしの佐渡島での履歴書です。

元夫が鼓童の研修生になったことがきっかけで
佐渡島には初めてやってきました。
 
芸能が盛んで 人が親切。
当時 東京・吉祥寺で草木染めを中心に活動していたわたしは
自然が美しく、貴重な草木が普通に生えていることに 感動しました。

遠い遠い どこかの島だった佐渡島が とても身近になりました。
5年間の佐渡〜東京の遠距離恋愛の末
憧れの佐渡島に引っ越してきました。
 

佐渡島では ほんとうに豊かな体験をさせてもらい
感謝しています。
 
 
1990年 結婚 1991年 娘  誕生。
娘は佐渡の人と自然にすくすく育てていただきました。
 
1991年〜2002年
 
羽茂にて「安西美喜子染工房」
島内外のイベントや店、ギャラリーに作品 → 作品集
 
 
1997〜2002年
島内では初めてのクラフト市(第2土曜クラフト市)を
小木&羽茂で主催。 通算60回 5年間毎月を開催。
 
1998〜2002年
旧佐渡市立羽茂中学校 心の教室相談員
 
2002〜2006年
アロマテラピーが体験できる佐渡ペンション代表
(地場野菜や野草を使った菜食の食事・アロマテラピーの提供)
 
 
 
 
 
2006年
7月 第1回HIPS!開催  10月プチHIPS!開催
 
9月末 佐渡ペンション閉館 → 閉館について


※ 閉館に伴ない 2007年3月 佐渡を離れました。
 
佐渡島では2005年〜
今のアロマハンドトリートメントの広がりに先駆け
コミュニケーションのためのアロマハンド講座や
老人施設でのアロマケアの取り組み支援などもしていました。

 
 
 
17年間の佐渡島暮らしで
多くの方々にお世話になり、佐渡の自然に癒やされてきました。
 
 
佐渡島での体験が
わたしの心の芯をしっかりさせてもらったと思っています。
(よく使われる言葉で言えば 自分軸が持てるようになりました)
 
 
その後 戻ってくるたびに安心し 佐渡島とそこに住む方々に感謝しています。
 
 
2017年にも半年だけ 佐渡島に住みました。
やる気満々に佐渡島に戻って参りましたが
体調不良などのため 一旦 東京に戻りました。
また 今 少しずつ 佐渡の仕事を開始しています。
 
佐渡島で 喜びに沿って生きるためのお手伝いをこれからも やっていきます。
佐渡島に住んでいないからこそ できることがあると思っています。
 
豊かな この島が さらに喜びに満ちますように。
 
 
どうぞ よろしくお願いいたします。
 

 
愛と感謝をこめて
 
美喜子
 
 
***
 
 
→ 佐渡島以外でのライフストーリー
 
 
 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です