●怒りについて〜ダキニオラクルカード解説から

ダキニオラクルカード リーディングマスター養成講座0期
真っ最中

講座は・・・初めに対面での連続セミナー

3ヶ月間毎朝のメール講座個人セッション、2週間毎のオンライン講座をしています。

毎朝のメール講座の内容は

カード1枚1枚の解説

リーディングマスターとして仕事をしていく際 大切なことや

取り組んでいく課題などを お伝えしています。

ダキニオラクルカードのことも時間ある時に 書きますね。→ ここに少しだけ書いてます


その朝のメール講座の中から

最近 受講生にお送りした「怒りについて」

Blogを読んでくださっている あなたにも 多少アレンジしてシェアしたいと思います。

タントリック ダキニオラクルカードを使っている方にも

そうでない方にも お役に立てるのではと 思いました。

豚さんのカードから 怒りについての 考察までです^^

59 PEARLS BEFORE SWINE 豚に真珠 なわけですけですが・・・

●描かれているもの

真珠の山とブタ

●意味

目に見えるものだけに惑わされない

人の最善を観る

自分の力(判断)を人に与えない

識別すること 対比

無邪気さ

▽物欲・執着 自惚れ(タロットの逆位置的に読む場合)

いわゆる 「豚に真珠」とか「猫に小判」というストレートな意味よりも

ダキニオラクルカードでは

そこにとらわれるな〜 という意味が強くなっています。

それは どういうことかと言うと・・・

豚に宿る2つの意味

dakini Vajravarahiの図▼

一般的に豚は、無知を表しています」

これは英文テキストの記述ですが

日本でも、汚いところを豚小屋と言ったり

豚に真珠の中の豚も価値のわからないモノという意味で

無知を示しています。

dakini Vajravarahi(ダキニ ヴァジュラヴァラーヒー)は、チベット仏教で最も人気のあるタントラの女神で Diamond Sow(ダイヤモンドの雌豚)と言われているそうです 笑

漢名では金剛亥母。 

ちなみに Pig,Poak,Swine,Sow みんな豚(猪・亥)のことですって。

詳しく知りたい方は ご自身でググってみてください。

ですから 一般的な豚のイメージとは真逆で ダキニオラクルカード的には

豚の意味は女神・智慧と読めるわけです。

ダキニ  ヴァジュラヴァラーヒーは 右耳の上か頭の上に Sow(雌豚)の頭部が乗っています。

居ますね居ますね(雌豚というより雌亥ですね)。

それにしても激しい女神様です。

左手には血でいっぱいになった頭蓋骨を持っています。

dakini Vajravarahiの図 部分

ここで重要なのは

豚には 2つの意味が託されているということ。

  • 古い常識にとらわれない
  • 見た目に惑わされない
  • 判断を人に任せない(自分の感覚を信じる・正直になる)
  • 人を差別して、自分のエゴを満足させるな

というわけで

豚に真珠の文字通りの意味以上に

上記のことを このカードは伝えています。

わたしは、このカードには21年前 桝田幸紫(簧薺 2010年他界)氏のリーディングで出逢い
その後 彼からリーディングを学びました。幸紫には深い感謝と愛を感じています。
日本にこのカードを広めたのは、幸紫ではないかと思っていて(それ以前からしている方いるかしら?)
多かれ、少なかれ彼の影響を受けてる人にしかお逢いしたことがありません。
生まれつきサイキックだった彼は主にインドで学び、自由で愛情豊かでいつも進化し続けていました。
カードリーディングの読みも 意味を覚えることより直感を大切にし
リーディングマスターとしてどう生きるかを大切にしていたと思います。
わたしもその流れを汲んでいて
英文テキストを大切にしながらインスピレーションを取り入れて解説しています。

もののけ姫のタタリ神・イノシシが象徴するものへの考察

豚と猪ごっちゃにされているけれど・・・

なんで 豚なのよ!?

ダキニオラクルって深淵すぎる!!!

とひとり呟いて思い出したのは

もののけ姫に出てくる 猪神。

豚ではなく イノシシは神の使いであることを思い出します。

豚は人が食べるために飼いならし(だから豚小屋が汚いのは豚さんのせいじゃない!)
創ってきた家畜で 美しさをあまり感じないですよね。

一方 イノシシには真っ直ぐな強さ・力を感じます。

ですから

豚の2つの意味は 豚とイノシシの違いだわ!と気付きました。 

怒りのエネルギーの象徴としてのイノシシ

ダキニ  ヴァジュラヴァラーヒーは

写真でわかるように ものすごい憤怒の女神です。

もののけ姫の中では、猪神がタタリ神に乗っ取られて

怒りに支配されていく様子が描かれていましたが

イノシシの猪突猛進ぶりは、怒りのエネルギーの象徴ではないでしょうか?

タタリ神は怒りのエネルギーが抑圧され暴走したもの。(←美喜子的考察^^)

もののけ姫のテーマは 人の意識の中に閉じ込められている
怒りのエネルギーの扱い方が重要だっていう話なんじゃないかって

と思うのです。(え〜と ずいぶん前に映画を観たので 妄想はいってると思います 汗 そんな観点で また映画 観てみます・・・多分)  

ダキニ ヴァジュラヴァラーヒーが猪の頭部を乗っけているのも

邁進する怒りのエネルギーを使って前に進むため

とか 怒りのエネルギーを滞らすことなく流すため その象徴

・・・と わたしは見ましたよ〜。

怒りは出したほうがいい

感じた怒りは出したほうがいい。

ヴァジュラヴァラーヒーのように 笑

その方法は重要だけれどね。

ヴァジュラヴァラーヒーとチャクラサンヴァラの男女合体尊

怒っていいんですよね。

怒りを引き出してくれた相手に直接ぶつけるのは

破壊的になるのでやめたほうがいいですが・・・

出し切る必要はあります。

溜め込んでおけば 腐敗していきますね。

怒りは元々あったもので
対象になった相手は それを引き出してくれただけ。

相手には「引き出してくれて ありがとう!」 と言う気持ちを持つので ちょうどいいのです。

わたしは・・・深い信頼関係の相手で

どんな感情も全て自分の選択・責任・創造だということを お互いに理解したうえで

相手に表現するのはあり! と思ってはいます。理由は下の囲みの中に・・・

深く愛する相手の わたしをコントロールしようとしない
純粋な怒りに触れるのを心地よく感じることが あります。
(滅多にないせいもあるかもですが嬉しいのです。マゾ?じゃないです この感じ伝わるかしら)
引き金がわたしにある時に限り ← 重要 その健やかなエネルギーを心地よく感じます。
(わたしが原因じゃないと 一緒になって 怒りたくなったりするもので)
相手の問題だって境界線を保ているからかもしれません。本当に出せれば お互いに尾を引きません。

で・・・

それができない場合は

佐渡の山の中に入って 思いっきり 叫んだりしましょうか 笑
(注:講座の場所が 今回 佐渡島なもので)

ノートに怒りをぶちまける(全部書く)のも効果的です!

以前そう言えば 看取り士研修の一貫で

内観をしている時に

親への恨みつらみの手紙を何十枚も書いた挙げ句

感情を出し切り、すっきり愛に満ちた体験をされた人もいます。

カラオケで 思いっきり歌ってもいいですね 笑

感情解放カラオケ いいかもしれません。(こないだ 似たことを岡山でやり好評でした)

怒りについてを 敢えて 拡大させて書いたのは
4月5〜7日 タントラ・フェスティバルに参加し OSHO ダイナミック瞑想で
それこそ タタリ神にとりつかれたみたいに 怒りを表現したからかもしれません。
あそこまで 内側に入って安心しきって表現したのは 久しぶりでした。
(忘れてましたが、桝田幸紫のレイキ4受講中に
今思えばダイナミック瞑想のことも知らずに自発的にダイナミック瞑想的なことしていました!
めちゃめちゃ 激しかった わたし)
タントラフェスのことも、しみじみ書きたいのですが まずここに少し記します。
この時の ダイナミック瞑想をファシリテートしてくれた
TOSHAN、広島県竹原市の OSHO Meditation Center Loka のお2人
ご一緒してくださった皆さまに感謝しています。 
TOSHAN → Blog
TOSHANのファシリテートする場が好きでした。
気になる方は 彼女のリトリートやワークにぜひ参加してみてください。

あ。そうそう わたしには あんまり怒りはないって レイキ4受講するまで思ってましたから よく骨折しなかったな〜w と思うくらいの激しい怒り噴出に驚きました。出した後は天女の気分でしたケド 笑 

カードの意味としては・・・

豚さん&怒りの話で長くなりましたが

「豚に真珠」のこのカードの意味としては

● 慣習や見た目に囚われるな

● 自分を信じるということが大切

という 通常とは違う意味合いを伝えている ということでした。

***

今年は亥年でしたね!

ダキニ  ヴァジュラヴァラーヒー年?

ということは ダキニオラクルリーディングマスター年か!? 笑

出し切ってない 怒りを解放して

すっきり進みたいね。

LOVE 美喜子


リーディングマスター養成講座0期は 6月のリーディングマスターデビューで修了となります。

1期を東京で 6月末か7月から始める予定です。
気になる方は ダキニオラクルカード オリエンテーションメルマガをご登録ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です