自然と調和し喜びに満ちて生きる 〜アナスタシアから受け取ったこと〜

わたしの生きるテーマは【神(=愛)に還る】ということ。

そして地上に天国を生み出し

味わうこと。

 

神に還るというのは

深刻でもったいぶったことじゃなくて

自然と調和し喜びに満ちて生きること。

 

この神は

もちろん白いお髭のおじいさんでもないし

特定の宗教の神でもない・・・

自然・宇宙の理とも言えるし

全ての人の内側にあるもの

 

そして それは

特定のスゴイ人

特定の方法

特定の誰かの力

特定の誰かの言うこと

だけが繋がることができるのではなく

全ての人が

直接 神と繋がっている。
(全ての人が すでに神である とも言える)

 

それを すっかり思い出すことが

神に還ることなのかもしれない。

 

何が大切なのか

どう生きるのか

どちらを選ぶのか

直接 自分自身で自然の理(=神)と繋がり

自分で受け取ることが大切だと思う。

(もちろん そこに至るまで さまざまな助けは必要よね)

 

自分を信じて

心底 安心していること。

 

その神=自然(宇宙)の理と

ひとつになるのを助けてくれるのが

美しい自然に同調することだと思う。

 

そこからの選択が

全ての幸せにつながる。

 

IMG_8019

愛する本「アナスタシア」

その5巻 P182に

「〜 神の呼びかけであるひとつの言語。その言語は、木の葉がサラサラと立てる音、鳥たちの歌声や、波の音で織りあがっている。神のことばは香りと色彩を持ち合わせている。神はこのことばを用いて、一人ひとりの祈りに、祈りの答えを返している」

とあります。

そうそう

そうなんだと 思うのです。

(アナスタシア 読んだことない人は 超オススメです。→アナスタシア1巻)

大きな愛=神 を味わえる素晴らしい本です。

私たちは どこに向かって

進化しているのか

立ち止まり

どうしていきたいのか

何がほんとうに大切なのか

考えるきっかけになると思います。

 

***

わたしは最近では

海に面した夜の誰もいない露天風呂で

空を見上げて

夜の風を感じながら

波の音を聞きながら

温かなお湯の中ですっかり緩んで

いつもと別次元で
(潜在意識にアクセスして)

たくさん インスピレーションをもらいました。

 

LOVE 美喜子

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です