キューブラーロスの「ライフレッスン」とわたし

7年前 恋愛で心の中に嵐が吹き荒れていたとき
エリザベス・キューブラーロスの著書「ライフレッスン」がわたしを支えてくれました。

エリザベス・キューブラーロス→Wikipedia
(精神科医、死と死ぬことについての画期的な本「死ぬ瞬間」の著者)

ライフレッスンを読んでいる時だけ
なんとか平常心を保てたのです。

本を読んでいるとき以外は

当時の彼と
深く溶け合いたいという思いに
驚くほど囚われていました。

何人もの友人が
「そんなに人を好きになったことがない」
と・・・
珍しいものでも見るようにわたしを見て言いました。

 

毎回そうなる わたしからは
みんな結婚しているのに
そんなに人を好きなっことがないってどういうこと!?
それで どうして結婚できるの!?
と逆に驚きでした。

 

強烈なエネルギーで執着したおかげで
いろいろ手放し
さらに 豊かなわたしになれたとは思っていますし

いまは そんなふうにはならないと思っています。
(ま。。。お相手が現れたら、どうなるかわかりませんけれど 笑)

***

ライフレッスンを読んでいるときだけ

当時の彼とどうにかうまくいくことではなく
わたしはわたしで居続けること=わたしの内側が一番大切であること。

本当の愛のわたしになるために
深く激しい体験の中で学んでいるのだと
本を読んでいる時だけ留まることができました。

ライフレッスンのおかげで
吹き飛ばされそうになりながら

なんとか

やっとの思いで

わたしはわたしの中心に
捕まっていることができたのです。

どんなに苦しくても
大切なこと 本当の愛のわたしになる というところからは

ぎりぎりですが離れずにいることができたこと。

自分を褒めたいし

ライフ・レッスン キューブラー・ロスに感謝しています。

LOVE 美喜子

 

Follow me!

キューブラーロスの「ライフレッスン」とわたし” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です