●「愛してる」って伝えてる? 〜言葉で感情を伝えることの大切さ〜

愛の専門家 MIKOTOの美喜子です。

メルマガを書いていたら

すっかり投稿がおろそかになって いました。

と言っても そんなにメルマガも書いていませんが ^^;

 

サイト投稿を補完するように

投稿とは別の内容をメルマガでは書いています。

 

自分の意識が自分の世界を創造していると納得し

今よりさらに「いのち」を輝かせ

魂を震わせて生きはじめられますように・・・

そんな願いのもと書いている【愛に還る】がテーマのライトワーカー通信

サイトには書きづらい内容や 読者さまのための企画もあります。

登録お待ちしています♪→こちらから

 

さて♪ きょうの本題です。

意識の進化に必要なテレパシー

人の意識の進化(=愛に還る)には

言葉を超えたものを使いこなす能力

いわゆるテレパシー的なものが重要だと思います。

  • 自分が感じていることの細部を観る力
  • 感じていることを信じる力
  • 意識を集約させて祈ること

というようなこと。

 

言葉にすることは 避けて通れない

・・・とは言っても

この次元(地球&意識・愛の次元という意味でも)の

わたしたちのテレパシー的能力は

そうとう鈍っているし

今ここで体験する

通らなければならない必要なプロセスの1つが

「感じていることを言葉にしてエネルギーを流すこと」

だと思うのです。

これがスムーズにできるようになって

次の次元にいけるのだろうと 感じます。

 

ホ・オポノポノ なるほど♪

この記事のトピックについて考えていたら

「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」を言うことを伝えている
(ざっくりで ごめんなさいっw  昔 本を1度読んだきりで ぜんぜん詳しくないんですが 汗)

ホ・オポノポノについて なるほど♪ と 改めて思っているところです。

先日 友人のFacebook投稿に

子どもが 謝るまで じっと待って

涙ながらに ごめんなさいを言った という写真付きの記事がありました。


友人のは この写真じゃないですw

なんて 素晴らしい!

と 思ったんですね。

小さな頃に こうやって

言葉にして「ごめんなさい」と伝える体験は

とても 重要だからです。

 

大人になってからの練習はなかなかできません。

「ごめんなさい」を言えない人多いです。

 

怖くて言えないんですね。

自分の弱さを認めてしまうようで

自分が悪いって 決まるようで

相手から 責められるのがオソロしくて

何かを失ってしまうようで・・・

相手から愛されなくなるのを怖れて・・・

全部 逆なんだけれどね。。。

 

だから小さな頃に

ぎゃーぎゃー責められずに

鬼のように怒られずに

謝り、許される体験を重ねることで

ブレがない愛の人になっていくのだと思います。

 

でも

むずかしくはなりますが

でも大人だって

いつからだって挽回できますね。

 

ごめんなさい について書きましたが・・・

でも きょうは ぜ〜んぶを含んでいる言葉「愛してます」について

愛してます と伝えること

このところ

お客さま

そして 友人でも

愛してます(&それとともにある ほかの願い

・だから一緒にいてほしい

・だから◯◯やめてほしい など)

を こ・・・こんな重要な局面でも言わないつもり!?

と 思うような相談や 友人との会話が続きました。

 

中には

愛してるのか

愛してないのか

自分の気持ちがわからない

という人もいました。

 

前世療法で前世体験をしたあとの

1番(MIKOTOでのこれまでのセッションの中で)の後悔は

愛する人に愛してる と伝えなかったこと

です。

そして 来世 必ずまた出逢って 「愛してる」と伝える

というのです。

それほど 重要な言葉=エネルギー ですよね。

 

なぜ 伝えないの?

なぜ 愛してるのに

言わない 言えないのでしょうか?

 

もちろん

伝えない時を楽しむ ということもありますね。

それが時間 空間のある この次元の楽しさとも言えます。

 

でも ここぞ という時があるし

先日の 西日本豪雨では

災害が少ないと移住先として人気の岡山でさえ

多くの死者・行方不明者が出たように

いつどこで何があるかわかりませんよね。

わたし自身も1年少し前まで住んでいた岡山だったので 知人・友人も多く 心揺れました。

 

朝 見送った人に

また逢える保証はないですよね。

そういう意識が 薄くなっているから

自然が思い出させてくれる とも言えます。

 

話が少し 逸れましたが・・・

 

ごめんなさい

の時と同じで

愛してます と伝えられないとしたら

怖れがあるんですね。

  • 伝えても受け入れてもらえないかもしれない
    (過去にも同じようなことがあったりして これが1番でコワイことなのでは?)
  • 相手は別のことを望んでいるようだから言わないほうがいい
  • 行動やモノで示しているし 伝わってるはずだから言う必要がない
  • 伝えてはいけない状況だから
  • 今はそうでも気持ちが変わるかもしれないから
  • 明日も明後日も 続く日々のなかで言う必要がない とかもあるかもですね。。。

などなど(ほかに理由があったら 教えてください)の怖れで 伝えない。。。

 

上記 2番めの伝えない理由に挙げていること

「相手は 自分以外のほかの人と居ることを望んでいるみたいだから」
(自分の望みと違うことを望んでいないようだから)

というようなことを今回 2人が言っていました。

これは 相手を尊重しているようで

相手が自分の思いと違ったら・・・

受け入れてもらえなかったら

という 怖れや高いプライドのために言えない状態です。

それに気付いてないことが 多い。

 

また 前述の 自分の気持ちがわからないというのは

いろんな感情を しっかり押さえて お利口さんで生きてきたんだろうということでもあるし

敢えて 気付かないようにしている とも言えます。

気付いてしまうと エゴが刺激される何かがあるから・・・

こんなふうに 自分の感情に気付いてない人も結構 居ますね。

こういう わたし自身も あとでハッキリと 最初から愛していた と思う人も

さまざまな理由を付けて 自分が愛していることを 見ないことにしていた時期がありました。

そんなの認めたら 自分はおかしな人になるし(すでにそうかもですけれど 笑)

相手が自分を 女性として認めるハズがない という理由からです。

傷つく前に 感じないようにしています。

愛を感じないようにしてしまうと ほかのエネルギーが滞り 心も身体も重たくなります。

 

愛してると伝えることで 失うものは何もない

愛する思いは

相手がどうでも 変わるはずがないものです。

そこで傷ついたとしたら

何かしら手放すものがあるということ。

それに気付かせてもらえます。

そして

変わらない美しい思いを持ち

生きていたら

その人でなくても

必ず あなたの願いは叶えられるんですね。

 

愛しています

と伝えることで 失うものなんて ほんとうは何もありません。

だれかを愛しく思えるなんて

意図的にできるものでもなく

宇宙からのギフトとも言えます。

 

その美しいエネルギーは 循環し

必ず また還ってきます。

 

言霊の コトバのエネルギー

言霊 というコトバもあるように

言葉にして伝えることは 現実を動かす力があるということ。

 

内側のエネルギーを外に放出し

方向を与えて物質化(現実化)やエネルギー交流することだと思うのです。

(内側のエネルギーと合わない言葉を使ってしまえば逆効果)

とても 美しいこと。

 

祈りやテレパシーだけで通じるほどの意識レベルだとしたら

今 肉体を持ってないと思うし

肉体を卒業したら そうなれるのだから

いま 生きているうちに体験することなんですね。

 

だれかに何かを伝えるために 声・コトバがあります。

内側の思いを丁寧に感じながら発する同調したコトバ← これすごく重要

を伝える時

相手の深くに伝わっていきます。

たとえ 相手が同じ気持ちでなくても

相手にその 美しい振動は 必ず響いて

相手に幸せの渦を起こし 何かが動いていきます。

 

 

あなたの愛する人

旦那さん 奥さん 子ども 両親 友人

まだ気持ちを確認できない愛する人に・・・

 

ぜひ 伝えてみてくださいね。

愛してる ってこと。

LOVE 美喜子

 


今後の予定

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です